BLOGブログ

  • 住まいのこだわり
  • 2018.04.19

住まいの防腐・防蟻には「土台」が肝心!

こんにちは、和光地所です(^^)
まもなく、気持ちのいい新緑の季節がやってきますね。

 

でもそんな季節は、人間だけでなく虫にも気持ちいい季節であるということ。
住まいの大敵・シロアリにとっても、5月は活動が活発になるシーズンなのです…。

 

和光地所では、家の土台に、シロアリの被害に遭いにくく、腐敗しにくいヒノキを使っています。土台とは、基礎の上に固定される角材のことです。長く住み続けられるお家をつくる上でとても大切な役割を果たす部材です。これまでの経験を生かして、土台にヒノキを採用することになりました。

どうしても湿気がたまりやすい床下。地面から湿気が上がってくると、湿気に弱い土台の場合は腐敗してしまいます。そこだけリフォームをしたいところですが、土台だとそうもいかず、建て替えになってしまうケースも。

 

だからこそ、土台が大事なのです。ヒノキの土台の良さは、多くのお客様のお喜びの声につながっているんですよ(^^)

 

また、土台を設置する際、床下の湿気対策にもなる「基礎パッキン工法」を採用しているため、防蟻の10年保証をおつけしています。

 

長年培った経験から、肝心なところに適材適所な製材を使う。
それが、和光地所の家づくりです。