BLOGブログ

  • 私たちについて
  • 2017.05.25

地震のための建築用語「耐震」「制震」「免震」|岡崎・安城・知立・刈谷・豊田・西尾 土地・注文住宅

地震の多い日本ですから、地震のための対策や知識などもしっかりと持っていなければなりません。水や食料、ご家族との避難経路や連絡方法なども、定期的にご確認くださいね。

 

ところで皆さん、建物を地震から守る3つの構造「耐震」「制振」「免震」についてご存知ですか?

今日は、それらについてご説明します。

 

耐震とは「地震に耐える」

建物自体を強くして、地震の揺れに対抗する構造です。

 

制震とは「地震を制御する」

建物内に車のサスペンションのように、ダンパーと呼ばれる振動を軽減させる装置などが取り付けられた構造です。

 

免震とは「地震を免れる」

建物と地面の間に、ダンパーなどの装置を取り付け、建物に直接、地震の揺れが伝わらないようにした構造です。

 

以上のような構造の違いがありますが、どの構造で家づくりを進めるかは、建物の高さや形状、コストや地盤など総合的に判断して決める必要があります。

 

創業から、西三河エリアで約5500棟の住宅を手がけてきたその経験と、土地探しのサポートから得た多くの土地に関する知識で、総合的な判断もわたしたちにお任せください!

和光地所では、必ず地盤調査地盤改良を行っているので、皆さんの暮らしが築き上げられる土地も安心安全なものであることをお約束します。