BLOGブログ

  • 私たちについて
  • 2017.09.07

4つの建築工法| 岡崎・安城・知立・刈谷・豊田・西尾 土地探し・注文住宅

木造軸組工法2×4工法RC造SRC造……、住宅にはさまざまな工法や構造があります。いろいろと自分で調べているけど、普段なかなか接することのない言葉や用語が出てきて、イマイチよく分からない……、という方のために、今回は4つの建築工法について、簡単にご紹介いたします♪

 

 

◆ 木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)

柱や梁(はり)、柱と柱の間に斜めに入れる筋交いなど、木の“軸”を組み立てて支える工法です。日本の伝統的な工法であり、「在来工法」とも呼ばれます。その他にも、「在来軸組工法」や「木造在来軸組」「在来木造」「木造軸組」とさまざまな呼び方がありますが、基本的には同じになります。

 

◆ 2×4工法(つーばいふぉーこうほう)

2インチ×4インチの断面を標準とした規格材を組み、パネル状の壁や床を打ち付けた木造住宅の工法です。「枠組み壁工法」とも呼ばれます。

 

RC造(あーるしーぞう)

鉄筋コンクリート造です。英語表記のReinforced Concrete(リインフォースド・コンクリート)を略して、一般的に「RC造」と呼ばれます。コンクリートを鉄筋で補強した構造。主に中高層建築などで採用される工法です。

 

SRC造(えすあーるしーぞう)

鉄骨鉄筋コンクリート造です。英語表記のSteel Reinforced Concrete(スチール・リインフォースド・コンクリート)を略して、一般的に「SRC造」と呼ばれます。鉄骨の骨組みのまわりに鉄筋を配して、コンクリートで一体化した構造。主に高層建築などで採用される工法です。

 

和光地所では、主に採用しているのは木造軸組工法ですが、皆さんのご希望に沿った家づくりのお手伝いをさせていただいています!構造見学会や完成見学会なども随時、開催しているので、ぜひご参加ください♪