BLOGブログ

  • 住まいのコンセプト
  • 2018.02.01

住まいに観葉植物を③|岡崎市の注文住宅なら和光地所

こんにちは、和光地所です(^^)

「お部屋に観葉植物を取り入れてみたい!」というビギナーの方のために、先月(http://wako-j.co.jp/blog/aboutus/410.html)に引き続き、和光地所でお世話になっている観葉植物の専門ショップさんに質問をしました。

Q.和光地所のオリジナルブランド「LIKE STYLE(ライクスタイル)」の4つに合う植物について教えてください。

1.まず、このスタイルでないと合わないという植物はなかなかなく、どんなデザインスタイルの空間にも合うものばかり。どちらかといえば、左右されるのは器やサイズ、育てやすさだと思います。その中でもあえて挙げるなら…

 

モダンスタイルなら…

「オリーブ」
上品な雰囲気を持ったオリーブは、モダンな空間に溶け込むでしょう。ただ難点は、日光を好むので、室内では少し育てにくいこと。置き場所を工夫しましょう。

「クワズイモ」
枝振りのいいものや小さいもの、大きなものなど、空間に合わせて配置してはいかがでしょう。

「サンスベリア」
マイナスイオンを発生させる植物です。上品な器を選ぶと、どんなコンセプトのスタイルにも合わせやすいと思います。

 

・クラフトスタイルなら…

「多肉植物」
テーブルの上や棚の上、トイレの窓際などに置くとよく似合うと思います。

「エアープランツ」
クラフトスタイルの中に、吊り棚などで吊るしてみると、きっと面白い雰囲気になりますよ。

「フィカス」系
大きめのものをリビングなどに置くと、いいアクセントになります。

 

・ナチュラルスタイルなら…

「フィカス」「ウンベラータ」
ナチュラル系の空間には、置いてあることが多い植物です。ハート型の可愛らしい葉が、ナチュラルテイストに溶け込みやすいのでしょう。

「パキラ」
濃い緑色に可愛らしい葉っぱが、よりナチュラルな世界観を醸し出します。

 

・ホワイトスタイルなら…

「オリーブ」
ヨーロッパの植物なので、南欧テイストのホワイトスタイルとは相性抜群です。

「アルテシマ」
厚めの葉っぱで枝振りもいいものが多いので、どんなスタイルにも合わせやすいでしょう。

「モンステラ」
切れ込みの入った可愛らしい葉が特徴。小さめのものを細部に置くと素敵です。

 

これらはあくまでも一例なので、こだわらずに様々な植物を合わせてみてくださいね♪
和光地所ショールームで購入可能な観葉植物はこちら → http://wako-j.co.jp/plant
ぜひご覧ください(^^)