BLOGブログ

  • 施工事例
  • 2017.12.26

奥さまの好みがふんだんに詰まったお住まい 岡崎市O様邸のご紹介②|岡崎市の注文住宅なら和光地所

こんにちは、和光地所です(^^)

前回(http://wako-j.co.jp/blog/works/606.html)に引き続き、ネイリストであるおしゃれな奥さまの好みがふんだんに詰まったお住まいをつくられた、岡崎市O様邸をご紹介します。

 

リビングダイニングには、自然素材感のあるクロスを使用。無垢の壁にも憧れたそうですが、今後のメンテナンスを考えて無垢風のクロスを採用しています。

カラーは白で揃えつつ、場所によってレンガ調のクロスを取り入れるなど、細部にまでこだわりがしっかり。

 

 

家具はダークブラウンで統一し、カフェ風な空間の中にもヴィンテージ感を演出しています。玄関ドアとシューズラック、パントリーの扉はオーダーしたもの。その他つまみや照明、ポストやショップ名の看板も全て奥さまが手間暇かけて探したアイテムを採り入れました。

 

デザインだけでなく、たくさんある収納もとても気に入っているという奥さま。

パントリーは奥行きがありすぎると使いづらいので、ダイニング側からも棚を設けて、無駄な空間が生まれないような工夫を。階段下収納は、「掃除用具を一式入れる」と決めていたという奥さまのご要望にお応えするだけでなく、使いやすさも考慮して造りました。

 

また、間取りは3人のお子さんの将来のことも考えて設計しています。「こちらからの要望に全て応えてくれた」と喜んでいただきました。

 

 

 

一方、ご主人の譲れないこだわりは、外壁をガルバリウムにするということでした。建築関係のお仕事をされているご主人が、入居後のメンテナンスのことを考え、「外壁だけはどうしてもガルバリウムが良い」と。外壁だけは譲れないけど、他は全て奥さまの好きなように…と言ってくださったそうですよ。当初は「どうかな?」と思っていた奥さまも、今では「外壁を黒にして良かった!」と思っているそうです(^^)

 

また、「角ばった家が好きではないので…」と、玄関上の庇を白いレンガ調のアーチに。玄関ドアはアイアンのドアハンドルが付いた木製のものを採用しました。擁壁の前には白いブロックを置いて、奥さまが選んだ照明や表札を設置。

 

 

こだわりのデザインだけでなく、空間に無駄がないよう工夫した収納がポイントの、素敵なお住まいができ上がりました。